« LIVE AID(その1) | トップページ | Rory Gallagher "Tribute" Stratocaster!! »

2004/12/04

LIVE AID(その2)

ついに始まってしまったランダム観戦(悲)。

Duran DuranのあとにQueenを見ると、格の違いを見せつけられる。
さらに、そのあとThe Whoを見たりすると、おお、Legend!って
思ってしまった同世代英国人の気持ちが何となくわかる。
Bob GeldofのあとにMick Jaggerを見ると笑いが・・・

で、極めつけは。。。
Paul McCartneyのLet It Be。
本物だぁ~!!!!(当たり前なんだが)

(なんかちょっと、John SykesのCrying in the Rainを思い出す)

WembleyのフィナーレでみんなでDo They Know It's Christmas?
を熱唱している場面が、英国人らしく統制がとれているようで
よかったなー。Bonoもやっぱし「あの部分」だったし(笑)。

We are the Worldは。。米国人らしくみんなが勝手に歌う。
これはこれでそれらしいかも。

さ、ちゃんと順番に見ないとね。怒られそう。

(Nardy)

|

« LIVE AID(その1) | トップページ | Rory Gallagher "Tribute" Stratocaster!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37607/2144896

この記事へのトラックバック一覧です: LIVE AID(その2):

« LIVE AID(その1) | トップページ | Rory Gallagher "Tribute" Stratocaster!! »