« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005/03/26

今月の無駄遣い

あーあー。。。やっぱしやってしまいました。

ipodmini

ダンナの誕生日にiPod買ってあげたのが災いしたのだ。
iPod用のスピーカーまで買っちゃって、それがまたJBLだったりして、
アーチストごとに気に入った曲だけシャッフルなんてやられるとねぇ。。
我慢も限界。

はい、買ってしまいました。
ま、iPodはちょっとでかくて重いし、クリックホイールの直径が大きすぎて
手に余るし、そんなになんでもかんでもアルバムを持ち歩こうという
気がないので、私はminiの方で十分。ホイールも手にぴったり。

# このくらいの大きさのケータイがあればいいのに。

それで、入れたものといえば聖飢魔II、Judas Priest、Anthem、FTA等々。。
これじゃもう、大きいステレオつける必要なくなっちゃったなぁ~
音もそこそこいいし。<でも、やっぱりMP3だし、それなりではあるけどね

当分楽しみますわ~♪

(Nardy)

| | コメント (0)

2005/03/21

パレード第2弾!

そして懲りずにやっぱり行ってきた表参道のパレード(^-^;
思いがけず寒くて、ちょっとナンだったけどねぇ。

しかし去年欠席しただけで、すごい規模が大きくなってるのにびっくり。
歩いた人だけで1000人くらいいたりするんじゃないの?
見物客は5000人以上って例年言っているけど、ぜーったいそれより
多かったはず。

そして特筆すべきはこの方。。。

macaleese

アイルランド大統領のMary MacAleese女史とその夫君。
公式訪問で来ているのだけど、この方々のスケジュールが笑える。

3月17日天皇陛下と会見。<なんでパトリックスディに設定するのか(笑)
3月20日パレード見学。
3月21日済州島へ

・・・パレードがあるがための日程じゃない?これって??
いや、いーんですけどね。

間違いなく”びっくりした”と思うんだ。なーんで極東のこんな島国で
移民が沢山いるわけでもないのに、アイルランドのお祭りが大々的に
行われているんだろうってね。
そしてアイリッシュたちは「メアリーっ!!」と手を振る。
なぜメアリーって呼び捨てになるんじゃろ?親愛の情??

これで私たちの今月の緑月間も、一応終了かな。お疲れでした。

(Nardy)

| | コメント (0)

2005/03/17

Happy St.Patrick's Day!

今日がほんとのSt.Patrick's Day。
朝から一人でみどりの日の気分♪
本国DublinのO'Connel BridgeのLive Cameraでもお天気はいいし
浮かれている人々が沢山映っている。
いいなー。晴れてよかったね!

仕事も早々に切り上げ、所用にてハロ犬(実妹)に会うことに
なっていたので、せっかくだからと天王洲のパブへ。

今日は緑の服を着ていったらJameson 1ショットプレゼント(^-^)♪。
ハロ犬の分もあわせて2ショット(^-^)♪♪
おまけにいくつかのアイリッシュメニューは半額(^o^)♪♪♪
なーんかいい具合に酔っぱらった割に懐は痛まず、楽しかったでした。

今日はいつものバーマンが休暇で本国へ帰っているので、
大崎から出張バーマンが来ていた。
「Shannons来たことある?」と聞かれ、「あるよ。」
「カウンターに座ってた?」と聞かれ、「もちろん!」
「なんか見覚えがある。」・・・・(^-^;;;;;
さいですか。先月一度行ったっきりなんだけどね~

私も見覚えありますわよ。
ダンナ父にそっくりなバーマンなんだもん(笑)。
一度見たら忘れられないわ。

(Nardy)

| | コメント (0)

2005/03/12

元町パレード

やってきました。緑のパレードシーズン。
今年はちょいと趣向を変えて、横浜のパレードへ。

緑のパレード=St.Patrick's Dayのパレード
アイルランドのイベントね。

場所は横浜元町商店街。もともと大好きな場所。
それがどんなことになるのやら~

motomachi

こんなことになりました(笑)。
例年の表参道のパレードに比べると参加人数も少なく、
ギャラリーも「これを目当て」に来る人は少なく、
一般人のパレード参加は基本的に不可、ということで
参加したい人には物足りないかもなー、と思いました。

でも、まだ規模が小さい分、商店街のお祭り的な
ほのぼのした雰囲気があって、警備も物々しくなくて
(神奈川県警、雰囲気を読めていたように思うぞ)
これはこれでよかったかと。

アイリッシュセターの巨大なのがいてびっくりしたぁ(^-^;;

終了後はかるご夫妻と飲茶食べ放題♪
食べ過ぎてくたびれましたー
中華料理は途中で味覚がやられちゃうのが難点だな。

来週のパレードにもさんかするとMasa君は言っています。
ほんとかしら~???

(Nardy)

| | コメント (0)

2005/03/09

祝!Rob子復活!!

2003年7月、Rob Halfordが10年のブランクを超えて
Judas Priestのフロントマンとして復帰することが決まった。

それから1年半。BOX SETが発売され、過去の映像作品もDVD化され、
OZZ FESTに出演し、ようやくRob Halfordの声で新作が発表された。

わーい \(^o^)/

Amazonに予約してあったものが届く気配もないので
発売日にCDショップで購入。
(Amazonのはちゃんと引き取り手がついてくれたのでご心配なく)
当然初回限定DVD付き!

のっけから「らしい」イントロ。おおおお、Judasだぁ~!
その後も「Judasらしいメロディ」「Judasらしい展開」等々、
とにかくデビューから今までのJudas Priestのいろんな部分を
取ってきたような曲が続く続く続く。
それでも古くさい感じがしないのは、常に最新の音を求める
ギタリスト2名と、ツーバスのせいかな、と思う。

まー、ここまで「らしい」の連続だと確信犯的なものも
感じないでもないが(苦笑)、これならファンが求めていた
Judas Priestの音、ってほとんどの人が思うんじゃないかな。
その辺が某B!誌のレビューや、各方面での評判につながっているのかなと。

Rob子の復帰第一弾としては申し分のない出来といえましょう。

さ、次は5月の来日!
今の欧州ツアーではなんと22曲もやっているらしい。
おじさんたちの体力に心配がないわけではないが、ま、大丈夫でしょう!
私もがんばるぞぉっ p(^0^)q

KEEP THE FAITH!

(Nardy)

| | コメント (0)

2005/03/02

I hear the sound of diatant THUNDER!

出たんですよっ。
届いたんですよっ、英国からっ。

THUNDERのニューアルバム
「The Magnificent Seventh」がっ!

ここ数作の「程よく肩の力の抜けたハードロック」ではなく、初期を彷彿させるようなハードな音。
そして、1枚目のシングルの印象が薄れてしまうほど良く出来たTHUNDERらしい曲たち。

これまでもTHUNDERのアルバムで「期待はずれ~」とか「こんな方向に行っちゃうなんて・・・」ということって無かったんだけど、これほど最初の衝撃が大きかったアルバムって、「Behind Closed Doors」以来かもしれぬ。

しばらくはCDプレイヤーからCDが出てきてくれそうにありません(笑)
iPodでもずっとこれしか聴いていないや・・・(^-^;)

祈・再来日っっっ!!!!

Is it coming closer every day?

(masa)

| | コメント (2)

記念日

・・・だったのだ。昨日。結婚記念日。
とはいえ、ふつ~~~にお仕事だったけどね。

この1年、ほんといろいろあったけど、無事に1周年、なによりでした。

しかし、去年、29日に式をやろうという話もあったのだ。
しかも29日なら「大安」だし(^^;
(ってことは、28は仏滅だったのだな。)

でも、結婚記念日=おいしいもの食べる日、が4年に一度じゃ
いくらなんでもツマランのでそれはそれでいっか(^-^)。

(Nardy)

| | コメント (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »