« Paul Rodgers is ...(Part II) | トップページ | Paul Rodgers is...(Part IV) »

2005/10/28

Paul Rodgers is...(Part III)

まだ書き足りないので、あと一言、二言、三言・・・and so on...

Queenの曲をしっかり自分の唄として唄いこなしてました。
中でも、I want it all や Show must go onは御大得意の中音域の魅力満点!でした。
Another one bite the dustも結構合ってた気がします。

やっぱり、すごいです、この人!(あたりまえだっつーの/笑)

御大の曲は・・・
Freeから Fire & Water, Wishing Well, Alright Now
Bad Companyからは Feel like making love, Can't Get Enough
をやりましたが、このバンドではバドカンの曲のほうが合うように感じました。

御大の生Fire & Waterを聴けたときにはまたまた「感動・・・(T-T)」でしたが、冷静に考えると演奏は・・・(^-^;)で、唄もFREEならではの「鬼気迫る」感じが無かったので残念でしたが・・・いーのだ!そこで、御大がFire & Water唄ってるのなんてもう聴けないかもしれないんだからっっっ!(>_<)

しっかし、御大の曲でのライティング、手抜きしすぎじゃねーか??(怒)どこ見ても真っ暗じゃねーか、しかも、客席の温度が5℃くらい下がってるし・・・(汗)


ちなみに。
Queenの曲はフツーに盛り上がっているので、そこは適当にがんばりつつ、御大の曲では120%くらいがんばって声出して、手拍子叩いて、手を上げてましたです。しかし、御大の曲は合わせて唄おうとしても無理ですな、あれだけ崩しながら唄われると(爆笑)。

(masa)

|

« Paul Rodgers is ...(Part II) | トップページ | Paul Rodgers is...(Part IV) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37607/6698251

この記事へのトラックバック一覧です: Paul Rodgers is...(Part III):

« Paul Rodgers is ...(Part II) | トップページ | Paul Rodgers is...(Part IV) »