« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008/07/22

続・言い伝え

「扇風機の風を身体に当てたまま寝ると死ぬ」
いろいろ調べてみたら、なんだか結構有名な話なんですね。
Wikipe●iaでは「都市伝説」と書かれていますが。

こんな話も。
http://d.hatena.ne.jp/nisinojinnjya/20060811

さらに、この話は韓国でも信じられているようです。
こんな事故のニュースも。
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=2&ai_id=44541


「扇風機の風を当てたまま寝ると死ぬ」というのは結局のところ、本当?嘘?
いずれにしても、寝るときには扇風機の風を当てたままにするのはやめておこう~っと。
(むか~しから言われ続けてたのでね、ついつい信じちゃうんですよ。)

(masa)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008/07/21

夏祭り

昨日はうちのマンションの夏祭りでした。
夜は映画に行くことになっていたので、夕方お祭りの開始直後に出店に並び、夕飯ゲット!
Matsuri080720

あと、白玉汁粉とイカ焼きがありましたなぁ。もちろん、生ビールも!
(今回は直後に運転があったため、ビールは禁止~)


関係無いですが、最近のお気に入り。
Ko20080721
タピオカ入りココナッツミルク。

一時期はどこのコンビニでも買えたのに最近ではすっかり見かけず。
ようやく近所のスーパーで発見です。

(masa)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

言い伝え

昔から親に言われていたこと。
「夜寝るときに扇風機の風を体に当てたままで寝ると死ぬ」

うちのオクサマに言ってみたところ、全否定(爆笑)
(まぁ、ワタクシだって少しは疑っていましたが・・・)

嘘だと思うならうちの両親に聞いてみな~!ってことで、先日うちの実家に行ったときに聞いてみたところ、答えはやっぱり・・・

「死ぬよ~。雪山で寝ちゃうと危ないのと同じでしょ~」
だそーです・・・。

そんなわけで、今でも寝るときに扇風機の風は直接身体に当たらないようにセットしてるワタクシなのです。

(masa)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

映画『あの日の指輪を待つきみへ(Closing The Ring)』

久々に映画を見てきました。
『あの日の指輪を待つきみへ(Closing The Ring)』
イギリスとカナダの合作(?)です。

時代は1941年と1991年。
舞台はアメリカと北アイルランド。
背景には「第二次世界大戦」と「IRA」。

登場人物が多いためなかなか人間関係(および1941年と1991年の関係)が把握できず、途中までは「?」もあったけど、ストーリーが進むにつれて徐々に人間関係がわかってきて、ぐぐぐっと引き込まれました。

すっきりハッピーエンドではありません。
最後は一応ハッピーエンドなんですが、主役級の人々がずっと抱えている「心の影」はなかなか切ないです。

こういう映画は好きですなぁ(^^)。とても楽しめる映画でした。


そんでもって・・・昔のベルファストはやっぱり暗いなー(^^;

(masa@ハリウッドの「ドッカンドッカンでハッピーエンド」な映画が嫌い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/14

久々のバンドリハ

なんとまぁ気がついてみたら3月以来4ヶ月ぶりのリハ!

スタジオではほとんど自分の音が聞こえなかったり、自分の演奏もあまりよろしい内容では無かったり・・・でしたが(苦笑)、いやー、やっぱ楽しいわ~♪

今日持っていったベースはスタジオに持っていくのが久々。1年ぶりくらいか。
なんかいじるノブがやたらと多くて、セッティングしながら大混乱・・・。
弾きながらほとんど聴こえなかったけど、録音したのを聞くと一応鳴っている。
うーん。今後セッティングいろいろ試してみないと。

(masa)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/07/06

物欲。

とは言っても、買えませんが。

アルファロメオが発表した新型小型車『MiTo(ミート)』
http://response.jp/issue/2008/0706/article111320_1.images/186169.html

元々、雑誌とかでは『フリオーゾ』とかいう名前で出たりしてました。

あ~、ついに発売なのね~、と思って写真見たら・・・
やばいっ!すっごく欲しい!ストライクど真ん中!です。

でも、そんなお金無いし~。

宝くじ宝くじ・・・。

(masa)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »