« 2015年3月 | トップページ

2016/05/12

Newcastle relegates again...

Sunderland win relegates Newcastle

今朝のBBCスポーツのトップ見出し。
水曜夜のサンダーランドの勝利によって、我が愛しのニューカッスル・ユナイテッドはプレミアリーグからの降格が決定。
2008~2009シーズン以来の降格・・・ 。

ファンになってまだまだ14年、現地観戦もしてない(聖地St. James' Parkには行ったけど)にわかファンですが(笑)、まさかこの短い期間に2度目の降格を味わうとは。

とはいえ、ここ数年は毎年のように下位に沈んでいて、去年も最終節で降格回避。
こうなるであろうことはなんとなく頭の片隅にあったような。

いつも情報収集で読んでる現地紙Newcastle Chlonicleにも哀しい記事が並ぶ。
記者のLee Ryderも辛辣なコメント。

Newcastle's relegation is the result of years of poor decisions.
BBCではこうも書かれてるけど、ほんとその通りな印象。

さて、こうなったら次の問題はいつプレミアリーグに戻ってこられるか。
前回の降格時は主力選手がまあまあ残留し、若手有望だったアンディ・キャロルのブレークもあり、1年でトップリーグに戻ることが出来た。

しかし、今回はかなりの主力選手放出が予想されてる。降格チームだけど、各国代表クラスや将来有望選手などがそこそこ居るので、そりゃもう他のチームは手ぐすね引いてるでしょうな。

そして、選手と同じく(いや、選手以上に)大事なのが、監督。
今シーズン後半、チームの立て直しを託されたラファ・ベニテス。
もう少し早く彼にバトンタッチ出来てれば・・・ とは思うけれど、短い期間で残留の希望が見えそうなところまでは引き上げてくれて、ニューカッスルではかなりの人気。
でも、さすがに2部リーグに落ちるうちに居てくれるような監督でも無い。
現地ニューカッスルではラファが残ってくれることを祈ってるけど・・・厳しかろう。

となると、誰が来るか。
または、誰を呼べるか?
早速いろんな噂は出てるけど、これからしばらく気を揉む日々になりそう。
監督次第では、主力選手の残留にも影響する。
そして、早く決めることも大事・・・ 。


降格となると不思議なもので、落ち込む自分と共に「主力選手が大量に出て行くのも長期的には面白いのかもな」なんて思ったりする自分もいる。

若く意欲的な監督つれてきて、地元の有望な若手でチームを再建・・・なんて甘い話はなかなか通用する世界ではないけど、そういうのもアリかな、なんて。

はてさて。
ニューカッスルという言葉を耳にしても心穏やかでいられる日はいつ来るのでしょう・・・。

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ