2013/09/07

VW クロスポロ 故障の続き

先週、乗鞍からの帰り道で走らなくなってしまってレッカーでディーラーに移動されていった我が家のクロスポロ。
修理が終わって、本日回収してきました。

結局、トランスミッションを丸々交換。


ディーラーからの説明では色々と説明が中途半端だったので、ちょこちょこ突いて最終的に確認できた故障の流れは以下の通り。

トランスミッションのオイル漏れ
→歯車同士の摩擦が大きくなる。
→メインシャフトの回転の負荷が大きくなる。
→ベアリングに負荷増大。
→ベアリングにガタが発生。
→ますます回転の負荷が大きくなる。

ということらしい。
最初の説明はいきなり「歯車同士のガタが発生して負荷が大きくなって」なんていう説明だったので、そもそも負荷が大きくなることがあるようなガタが出るくらいの部品なのかってことを聞いて(そんなわけない)、1つずつ疑問を消していく感じ。

負荷が増大したことで高速走行中にクラッチが切れる&つながる(という表現が正しいかは別として)ということが断続的に起きているので、クラッチ側は大丈夫なのか?と確認したら、それは開けて確認して大丈夫だった、とのこと。(信じよう)


でも、完全な原因調査は出来ていないなーというのが印象。
「トランスミッションを交換したので大丈夫」ということを言われたけど、「原因が明確になってないのに、なんで?」って。
で、「製造工程の問題か、部品の精度のばらつきの問題か。(いわゆるハズレ品か)」という質問に対して、Yesという回答だった。

まあ、うちのクルマはそんなに走行距離は長くないので、設計的な問題だったら、もっと他にも同じ現象出てるだろうなーとは思う。(調べてみた限りでは同様の事象は見つけられていない。)


とりあえず、国土交通省の不具合報告には出しておこうと思う。


(masa)

| | コメント (0)

2013/09/02

乗鞍マウンテンサイクリング

昨年に続いて抽選に当たり、乗鞍マウンテンサイクリングに初参加してきました。
(去年はエントリーフィーを支払い忘れて不参加/苦笑)

当日はそんなに悪天候ではなかったものの、前夜の豪雨の影響でゴール付近には拳大の石や土砂がコースに流れ出ていて、自転車で走れる状況ではないとのことで、本来20kmのコースを15kmに短縮し、開催。

中止にならなくて良かったです。
(遠路はるばる行ったので)

タイムは平凡以下ですが(笑)、まあ無事に完走。


で、本日有給をとってのんびり帰って来る最中に問題が起こったわけです。

その時は、うちのオクサマが運転して高速道路を走ってたんですけど、まずはじめにエンジン回転数が上下し始めました。
アクセルをパタパタしてるのかなと思ったけど、そんなことはしていない。
回転数が落ちる瞬間には「かこーん」という音が微妙にする。
7速に入ってる際に今度は突如、空ぶかし状態で6000回転くらいまで上がる。
手動で6速に落としてみても、クラッチが滑ってるような感じの回転数変動。
そして、「きゅーーん」という高い音。(摺動音のような感じ)
シフトインジケーターが点滅し、スパナマーク(点検時期を示すインジケーターだったはず)が点滅。(他の警告灯は特に変化なし)
そして、徐々にスピードが落ちていく。。。

幸い、次のICまで2kmほどだったので、騙し騙し運転して高速を降りました。

ディーラーに連絡後、最寄りのディーラーに行くよう指示されたのですが、近辺のディーラーは月曜休み。
騙し騙し走ってみます、と言ってみたものの、再度エンジンをかけて、ギアを1速に入れてアクセル・・・空ぶかし・・・。

これはダメだということで再度ディーラーに連絡し、エマージェンシー対応をしてもらうことになりました。

1時間ほど待って陸送車が到着。
ディーラーからはレンタカーを手配していただけたので、自転車を含む荷物を載せ替えて、なんとか帰宅しました。

陸送の運転手さん曰く「このお盆は同じ現象で止まるVW車を何台も運んだ」とのこと。
ただし、これらの故障車はリコール対策前の車種でした。(※)

※今年の前半にDSG(トランスミッション)の制御系不具合でリコールがありましたが、うちのクルマはリコール対策済み。

しかし、走行中にし現象はまるでリコールで発表していた内容と似ています。ただ、リコールで発表されていた不具合現象では「クラッチの締結が開放されることによって、車両の運行を維持するための駆動力が伝達されず惰性走行状態となり」ですが、今回はクラッチの締結は開放されていないように感じられました。

で、詳細な話はまだ聞いていませんが(少し電話で状態を聞いただけ)、「リコール対策した制御系の問題ではなく、トランスミッションのメカ側の問題。変速機がロックしているような状態である。走行中に変速機周辺の抵抗が大きくなったことで、クラッチが滑る、またはクラッチが切れて動力が伝達されていないのではないか」というような状況らしい。
6速でも7速でも問題が起きたということは、カウンターシャフト(DSGでは偶数側と奇数側の2本ある)ではなく、インプットシャフトを保持するベアリングが焼き付きでも起こした?とか想像。。。(そんなことあるか・・・?)

んーー。とりあえずトランスミッション載せ替えになります。無償ですが、実費だと80万円くらいだそうです。

ポロシリーズなどに使用されている乾式DCTは変速時のジャダーなどが最近ではちらほら噂で出てきているけれど、それよりも前にこういう現象が起こるとはねえ。。。

今週中には治りそう、ということで引き取りの際にはもうちょっと詳細を聞いてみる予定です。何が原因なのか、何が起きていたのか、とかね。

というわけで、今週末に続報を書くかもしれません。


(masa)


リコール届出で公表されている内容:
7速DSG型自動変速機を搭載した車両において、自動変速機制御コンピュータの基盤材質が不適切であるため、内部ショートが発生し電源用ヒューズが溶断するおそれがある。走行中に不具合が発生した場合、クラッチの締結が開放されることによって、車両の運行を維持するための駆動力が伝達されず惰性走行状態となり、車両停車後に再発進不能となる。なお、不具合が発生しても、車両を安全に停車させるための制動、操舵にかかわる機能は保持される。
駐車中に不具合が発生した場合、エンジンを始動できない、または始動できても発進不能となる。

| | コメント (0)

2008/08/17

6ヶ月点検

本日、愛車が6ヶ月点検でディーラーへ入院もとい入庫。
この夏は珍しいことにほとんどノートラブル!(あまり乗っていないというのもあるが)
ちょっと気になるのは、ACをON状態でリバースギヤ入れてアクセル踏むと「かちゃん」と鳴って、ギヤが外れてニュートラルになってしまうことくらい。
ま、たいした問題じゃありません。

今回の代車は306 xsi(チャイナブルー)です~。

(masa)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/07/06

物欲。

とは言っても、買えませんが。

アルファロメオが発表した新型小型車『MiTo(ミート)』
http://response.jp/issue/2008/0706/article111320_1.images/186169.html

元々、雑誌とかでは『フリオーゾ』とかいう名前で出たりしてました。

あ~、ついに発売なのね~、と思って写真見たら・・・
やばいっ!すっごく欲しい!ストライクど真ん中!です。

でも、そんなお金無いし~。

宝くじ宝くじ・・・。

(masa)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/10/28

東京モーターショー

チケットが抽選で当たり、久々に東京モーターショーに行ってきました。
大学時代以来、かな?
まだPeugeotブースに306S16があった頃以来です。

人だかりになっているブースは基本的に見ないので(笑)、話題のGT-Rとかレクサスは全く見ず。
かろうじて、ホンダのCR-Zだけはちらりと。
メインは欧州車見物。
プジョー、シトロエン、アウディ、アルファロメオ、スマート、ルノー、ロータス、BMW、アルピナなどなど。
え?ポルシェ?フェラーリ?そんな人の多いところ、近寄りもしません(笑)。

気になったのはこんなの。

ルノー Kangoo Concept(だっけ?)
Kangoo

ルノー twingo(いつ輸入開始?)
Twingo

スマート fortwo(新型)
Smart

アウディ metroproject quattro(目が特徴的)
Audi


疲れたら、プジョーのオーナーブースで飲み物とチーズ食べながらお休み。
Peugeot01

上からの景色。もうどっしりとお尻に根が生えます。
あ、手前に308RCZ。
Peugeot02


朝早くから行ったので、12時半頃にはだいたい見たいものを見終え、幕張で昼飯食べて帰宅・・・のはずが、昨日から壊れていた電動ドアに加え、電動パワーウィンドウも故障したので、帰りにディーラーへ。
ちょうど代車があるとのことで、そのまま入院となりました。ちーん。

今回の代車の206Cielo。うちの1007よりもかなり軽快に走るねぇ。
206


(masa)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/09/02

貧乏ランプで「にゃぁ」と鳴く。

8月25日から修理に出ていた愛車を引き取り、そのまま横浜方面へドライブ。
(ちなみに今回の代車は306カシミールでした♪)

道中、この車になってから初の貧乏ランプ点灯!(←ガソリン残量警告ランプ)
しかも、妙にかわいい警報音で鳴きよる。
(※とはいえ、別に「にゃぁ」とか鳴きません。ただの電子音です。)
すまんのう、飼い主は先ほどメシ食ったばかりで満腹だから我慢せいや~・・・というわけにもいかないので、給油しました。
高いね、燃料。ま、リッター200円までは我慢できるけど。

いや~、しかし・・・貧乏ランプで音が鳴る車、はじめて見た・・・。(^-^;

(masa)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/06/17

French French East

昨日は南町田のカルフールで行われていたFrench French Eastに初参加!

某SNSでうちが参加しているコミュニティの方々と一緒に会場でランチです。
Dsc_0925

Dsc_0887_1

会場にはいろ~んなフランス車が大集合。

Dsc_0829
Renault Kangoo!
かわいいです。ほすぃ~。

Dsc_0848
Renault 4(キャトル)!

Dsc_0905
キャトルとくれば、次は5(サンク)!
この車を見ると、黄色と黒で塗られたマシンを思い出します。

Dsc_0851
Renault Spider!
1台だけしかなかったけど、かっこよい~。ほすぃ~。

Dsc_0909
Peugeot 504!
塗装は傷んでいたけど、綺麗な色でした~。

Dsc_0856
そして、ワタクシがPeugeot好きになったきっかけである、205T16!!!
迫力満点!

そして・・・
Dsc_0869
Citroën DS!
はじめて実車見ました。

天気もとっても良かったし、珍しい車をたくさん見られて休日を満喫でした。
Dsc_0914_1

P.S.
でも、Peugeot1007はうちの他に1台だけ・・・。


(masa)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/04/01

Peugeot 207 Special Night

3月20日(火)、都内某所で行われたプジョー207のプレス発表会に行ってきました。
(ディーラーの敏腕担当者のご尽力による。ありがとうございました~。)

こういうイベントは去年二月の1007 Premium Night以来。
(そしてその場で一目惚れしちゃって購入にいたったんでしたな^^;)

今回は前回のようなパーティー雰囲気よりも普通な発表会に近かったです。

最初、プジョージャポンのお偉いさんのご挨拶があり、その後技術的なプレゼン。
まぁ、どれもメディアで発表されている内容ばかりです。

で、その後はアルコール飲んだり、軽食をつまみながら実車を観察。

実車は写真で見るよりも良い印象。
なので、思っていたよりも◎。
写真だとかなり平面的に見えるサイドのラインも、実車ではいろんな曲面や平面で構成され、206よりもリッチな感じ。
顔は最近のPeugeotのデザインの流れにのっとった「でかい目」&「でかい口」。
ま、これは賛否両論でしょう、ずっと。いつまでも。
リヤビューは、206の正常進化という感じ。

この207のリヤビューに関してはいろんなところで「ティーダに似てる」という意見を聞いたが、そもそもそれらが206に似ているなぁと思っていたので「逆じゃない?」と思います。

内装は1007、206、307に比べて質感がアップ。
ダッシュボードとかの部品は本当に立派になりました。
マイナスに感じたのは、ドアノブの遠さと相変わらずのペダルの配置の不自然さ。
これってどうにもならないんですかねぇ。
ヒール&トゥしようとしたら、ピンヒール履かないと無理(笑)。

あとは実際に転がしてみないとわからんですが、来週あたり試乗させてもらいに行くのでその後にまたブログに書くことでしょう。

今のところ、もしも自分の車が買い替え時期でお金があったとしても、買い替えの第一候補にはならないかなーという位の印象です。
1.4L or 1.6L NAの5速MT or 2トロニックだったらもうちょっと欲しいかもー。

今なら、フィアット チンクエチェントが欲しい(笑)。

207gti_and_cc_1
207GTI(手前)と207cc(奥)とワタシ

(masa)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/11

愛車の1年点検

Peugeot 1007購入からもうすぐ1年。

ってなわけで、10日(土)に1年点検に出しました。

最近は燃費もまぁまぁだし、走りも快調!
ドアの故障もありません(笑)。
いくつかちょっとした異音があるくらい。(とはいっても、おそらく問題無い程度でしょう。)

点検に出すときに異音などについては一応報告して、代車307Feline(走行距離700kmくらいの新車!)で帰宅。

で、今朝ディーラーから電話が。
本当なら11日(日)に戻ってくるはずでしたが、戻ってくる日が木曜以降に延期です。
異音の原因がステアリングギヤ(ラック&ピニオンのところね)周辺にあるそうで、部品全交換とのこと(^^;)
いやぁ、びっくり。

・・・あ、値段聞くの忘れてた(汗)
タダだといいなー。

(masa)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/11/19

1007復活!

右ドアの修理完了!
原因はドアのキャッチ異常だそうです。
部品一個交換で治りました。
よかったよかった。

(masa)

| | コメント (0) | トラックバック (0)